読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山田なつこ、つぶやいてます。

20代の旅行、音楽、考え方、おすすめ本、など紹介しています。イラストも描いています。

東京でやり残したこと10のこと。東京から地方に戻る人へ。福山雅治さんの「福のラジオ」を聞いて不安が消えた。

20代の考え方 東京生活 転職

ども、山田なつこです。

 

わたし3月11日で東京から地元の北海道に戻ります。

約2年間、東京に住んでいました。

 

東京でやり残したこと、特にいまはないです。(きっと北海道に戻ったらたくさん出てくるんだろうな)

でも今回は今の時点でやり残したことをざっくりと書きたいと思います。

 

この記事は東京から地方に戻ることを後悔しているあなたに読んでほしいです。

 

東京でやり残した10のこと

f:id:rip369:20170303135252j:plain

1.彼氏をつくる

2.遊び仲間を作る

3.芸能人と友達になる

4.将来の仕事につながる人と知り合いになる

5.歌舞伎、落語を見に行く

6.箱根、熱海など温泉地にいく

7.セミナーに行く

8.痩せる

9.お金を貯める

10.東京で明確な目標をもつ

 

こんな感じかな。

 

解説をしていきますw

1.彼氏をつくる

街コンとかスマホのアプリとかやってたけど、全然できなかった。

2.遊び仲間を作る

これが一番やり残したかも。仲間がいれば東京生活楽しいと思う。本当に。

見つけられなかったことが、後悔だね。

3.芸能人と友達になる

田舎文の私は芸能人と友達になれると思っていた。甘すぎた。笑

4.将来の仕事につながる人と知り合いになる

これも後悔かも。仕事に関する仲間を見つけたら楽しいと思えたかも。

5.歌舞伎、落語を見に行く

これはまだ実現可能。近くに住んでたら本当にみにいかない。

6.箱根、熱海など温泉地にいく

これもなかなかいかないなぁ。こっちは車がないから不便ね。

電車で温泉ってなんかいやだなぁ。疲れそう。

7.セミナーに行く

東京ってたくさんセミナーやってるから、もっと行けばよかった。

8.痩せる

美味しいものがあるからね。コンビニ近くにあるからね。

9.お金を貯める

フェス、ライブ、飲み会、服、ごはん、すぐに楽しみがあるから

使ってしまうよね。まぁ、若いうちに使わずにいつ使うんだって話だけど。

10.東京で明確な目標をもつ

これも失敗。ふわふわした気持ちで東京にきたからやりたいことが実現できなかった。

 

東京から地元に戻る理由

東京にあこがれ、北海道の田舎から転職してきましたが、人間関係の変な会社に入ってしまい、会社にいる時間が無駄だと思うようになりました。

もともと30歳までに北海道に戻る予定でしたが、予定を早めて2年で戻ることにしました。色々と考えることはあります。東京から逃げたとか成功できなかったとか(また記事にしますが)

 

 

 

東京から地方に戻ることを後悔しているあなたへ。

そんな時に、仕事で現場に行っていたときに聞いたこのラジオに心が少し救われました。福山雅治さんの「福のラジオ」です。

このラジオを聞けて本当によかった。自分だけかと思っていたモヤモヤが解消されました。

 

youtu.be

24:40~聞いてみてください。

 

以下内容を要約して文字起こししますね。↓

「だから、福のラジオにメールしました」のコーナー

(※誰に打ち明けてもしょうがない、でもなんとなく誰かに聞いてほしい、とりとめのない話を福山が時に受け止め、時に受け流すコーナー)

 

栃木県26歳まほちゃん会社員のメール↓ーーーーーーーーーーーーーーー

「私は去年の四月に転職して地元にUターン。3年間住んだ東京での生活に別れを告げ宇都宮に戻りました。理由は東京にいても友達が少なかったのと、ただ東京で普通に働いているだけで、家賃も高いし、このままだと何も変わらない気がしたりしたのと、なんか将来は地元に戻る気がしたから。」

「地元で暮らし始めてもうすぐ1年。テレビで新宿とか渋谷、原宿、住んでいた中野とかがうつるとやっぱり楽しそうだなと思ってしまうんです。地元は夜が早いです…」

「一人でテレビで東京の街をみると恋人の未練みたいな感じっていうんでしょうか、やっぱりもう少し居たかったのかもなという気持ちにさいなまれたりします。でもどうすることもできません。今更もう一回東京にでるのも違うし…だから福のラジオにメールしました。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

めちゃくちゃわかる・・・

思ってはいたけど言葉にできない気持ちをまほちゃんが代弁してくれました。東京から地元に戻る人ならわかるのではないでしょうか。

そんな気持ちにスーパースターの福山さんが意見を言ってくれます↓

ーーーーーーーーーーーーー

福山さん「この感じはすごくわかるよね。実家に帰ったり地方行ったりしたときに、時間の流れや感じ方が違うしゃないですか。同じ日本国内でも。なんか日が暮れたら眠くなってきた~みたいな。東京は人のバイブスっていうか、人の気が多いよね」

「東京にいるからってしょっちゅう、渋谷だ、新宿だ、原宿だ、ギロッポンとか行かないもんね。行かないっしょ。ザギンも行かないねぇ。対して東京的なエンターテイメント感とかお遊びの東京はたいして感じてないでしょ。」

「東京にいるどれくらいの人が東京を満喫してるんだろうね。『トーキョー!!!俺トーキョーで生きてるー!!!遊びも恋も暮らしも仕事も東京フルフル~!』って人どれくらいるのかな東京に。」

「(俺は)仕事場と家の往復ですよ!!!」

「まほちゃんの気持ちもわかるよ。『自分 対 東京』なんだよね。東京を持て余している感じは未だにある。東京使い切れていない感じ(笑)なんでもあるのにねこの街は。」

ーーーーーーーーーーーーーー

 

えええ、福山さんでも東京持て余してるの?

聞いて安心したというか、ストンと懐に落ちたというか、

東京に住んでる人は感じている人もいるんだなと思いました。自分だけじゃなかった。

『自分 対 東京』。これすごくわかる。

戦えるはずのない東京の街と戦って勝手に落ち込んでるだけだな~と。

大スターの福山雅治さんが言っていて本当に驚いたけど、これを聞いて安心しました。

 

東京に住んでよかった

東京に未練がある人はまた行けばいいと思います。

東京でしかできない仕事ってやっぱりあるし。

 

でもネットが発達した今、仕事なんてどこでもできる。

 

私は東京に戻る気は今のところないです。

大都市東京に住めたっていうことが単純にうれしいです。

東京に戻りたいなと思っても、それは’’悔しい未練’’じゃないと思う、

私の場合、’’うれしい未練”。

東京生活の中で楽しいことよりも辛いこと苦しいことのほうが多かった気がするけど、

東京に住んだ事実は自分に残ります。住めてよかったな~とテレビを見て思うのでしょう。

 

これから地元に戻る人へ、これから東京に来る人へ

 地元に戻る人へ

東京に出てきたってことは、向上心がある証拠です。

地元の友達と東京に遊びに来ても案内できるでしょ?

人生の中で東京に住んだってことは相当経験値になりますよ。

 

東京に来る人へ

どんな風に過ごしてもやり残したことは出てくるはずです。

ぼやっと過ごしていたら、東京で何もせずに終わります。

東京に来るんだったらなにか目的を持ちましょう。

わたしみたいにただの出稼ぎになっちゃうよwww

 

 少しでも皆様の東京生活でのやり残しがないように祈っております。